整骨院でよくある質問 アイシングのススメ。

こんにちは、おぐら整骨院の小倉です。
今回は意外と患者さまから質問の多い、
患部を冷やす「アイシング」について解説いたします。

アイシングとは捻挫や打撲、挫傷(肉離れ)やoveruse(使いすぎ)等で発生した
炎症を抑える為に行う行為です。「RICE」とよばれる応急処置の一つで、
運動時の負傷の防止や筋肉痛・疲労蓄積の軽減、止血などにも行なわれます。

接骨院・整骨院では外傷の処置として行われる事が多いですが、患者さんに自宅での
アイシングを指示すると「冷湿布でもいいですか?」との質問が多いのです。
結論から言いますと、患部をしっかり冷やすという目的ならば冷湿布を貼っただけでは
少々役不足と思われます。だって冷たいのは貼った瞬間から少しの間だけじゃないでしょうか?剥がした時には人肌の温かさがまん顔

という訳で患部をしっかり冷やしたい場合はなるべく氷水やアイスノン等を使って
10~15分くらい。途中冷たすぎる様でしたら、一旦外しても構いません。
アイスノンを使用する場合、濡れたタオルで包むと急激に温度が下がり過ぎて凍傷になる
場合がありますのでご注意ください。

関連記事

受付時間
2017年9月 >
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
休診日
9:30-15:00(昼なし)
9:30-12:30
休日当番日9時~17時
PAGE TOP