膝・脚周辺の症状

「ご紹介する施術は基本的に自由診療となります(一部保険で行う施術もあります)」

肉離れ(筋挫傷)

スポーツなどで瞬発力が必要な動き、急激に動いた時などに起こりやすいです。
筋肉は筋原線維や筋線維という細い糸が集まってできています。これらをどの位痛めたかで状態が変わってきます。
応急処置は患部を冷やす事、患部を安静に保つ事、患部を保護してあげる事、最低でもこの3つは行ってください。
おぐら整骨院では少しでも早く治したい方にはテーピングや水素療法も併用しております。

膝の痛み

お悩みの方も多いと思います。外傷によるものから、加齢による変形などで痛む場合もあります。
膝は構成に関しても半月板は場所によっては再生反応が望めない場合があったりします。
変形性膝関節症の場合は水素療法がかなりの好成績を上げております。
他にも状態、症状に応じて膝蓋骨の位置矯正やテーピングなども行います。

O脚

大きく分けて生まれつき(先天性)のものとそうでないもの(後天性)とがあります。
比較的効果がでるのが後天性ですが、先天性のO脚でも完全とはいかなくても改善はされます。
変形によって歩行時に痛くなってしまう方もいますが解消されます。

脚のむくみ

立ち仕事やずっと座りっぱなしの方、妊婦の方などがなりやすいです。
むくみマッサージを行い、まずはとにかく血流を促します。個人差がありますが、肌の色がほんのりピンク色になるくらい血流を促します。
その頃にはだいぶ脚も軽くなっているはずです。お試しください。

足関節捻挫

うち返しに捻ることで足首の外側のくるぶし辺りを傷める場合が多いです。
きちんと完治まで治療しないと関節がゆるくなる場合がありますので自分で勝手に判断しない方がいいです。
応急処置は患部を冷やす事、患部を安静に保つ事、患部を保護してあげる事、最低でもこの3つは行ってください。
基本はテーピングで固定をして患部の安静を図ります。おぐら整骨院では少しでも早く治したい方には水素療法も併用しております。

外反母趾

足の親指が内側に変形してしまったものです。
美容的な問題と、関節部に炎症がおこり痛みがでるものもあります。おぐら整骨院では足趾の矯正と外反母趾のテーピングで改善を図ります。
変形については軽度のものは元に戻りますが、重度の場合は完全には戻らない場合もあります。
痛みについては少なくとも痛みを減らすことは確実にできます。ご相談ください。

受付時間

2021年8月 >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


 休診日
 9:30-15:00(昼なし)
 9:30-12:30
 ヒロ先生は13時まで
 12時まで受付

ブログ「ときど記!」

  1. 骨盤スリム矯正カード
  2. instagramおぐら整骨院公式アカウント開設しました!
PAGE TOP