操体療法

おぐら整骨院の操体療法とは

操体法とは、歪んだ体を正常な体に戻すための療法です。
当院ではより効果的に行うために呼吸法と組み合わせた治療を行っております。
寝違えや急性腰痛など、筋緊張が強い場合の筋肉を緩ませる効果があり、痛みも改善されやすいです。
動きそのものは簡単なものですが、効果的に行なうためのいくつかの「コツ」を覚えて下さい。

bikkuri

Point ①

息は鼻から吸って口から吐く

bikkuri

Point ②

すべての動作は痛い法から痛くない方へ動かす。

bikkuri

Point ③

息を止めて痛い方から痛くない方へ動かし、7割あたりで3秒程「ため」をつくり、その後一気に息を吐いて脱力する。

最も重要なのは③にある「呼吸」と「脱力」です。
息を吐くのと脱力を同時に行うのがポイントになります。
何度か練習してから行いますのでコツをつかめるようにして下さい。

院長 一言

この操体法の効果は実に多岐に渡っており、基本的な肩こり、腰痛だけでなく不眠や耳鳴り、寝違い、五十肩、などからぜんそく、動悸、下痢・便秘に至るまで、ここに挙げた以外にもまだたくさんの適応症があります。ただの1回で、というわけにはいきませんが、痛みやつらさにあきらめている方、どこに行っても駄目だと思っている方、一度腰をすえてじっくりと体と向き合ってみてはいかがでしょうか。

受付時間

2020年10月 >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


 休診日
 9:30-15:00(昼なし)
 9:30-12:30
 ヒロ先生13時まで受付
 休日当番院9-17

ブログ「ときど記!」

  1. instagramおぐら整骨院公式アカウント開設しました!
  2. おぐら整骨院のブログ ときど記の気になるシリーズです!
PAGE TOP