首周辺の症状

「ご紹介する施術は基本的に自由診療となります(一部保険で行う施術もあります)」

寝違え

寝違えは字の通り寝ている時や起床時もそうですが、日常生活の中で普通の動作でも起こることがあります。
基本的には首から肩にかけての筋肉の疲労や血行不良などの硬結で発生しますが、重症なもの(ぎっくり首)や頻発する場合にはストレートネックや椎間狭小という骨、骨格の問題が直接的ではないにしろ影響している場合もあります。
おぐら整骨院では筋肉の状態を良くするのと同時に頚椎の状態もチェックし、必要であれば矯正治療も提案しております。

ストレートネック

本来、頚椎(首の骨)はまっすぐではなく、少し後に反った状態が正常です。
しかし日頃の姿勢の癖や体の使い方、生れつきのなどの原因で頚椎の生理的前湾角度が30度以下、つまりまっすぐに近い首の状態をストレートネックといいます。
最近はパソコンやスマホを使う影響も指摘されています。首の痛みやつらさ、頭痛の原因になる場合もあります。
おぐら整骨院では筋肉の状態を良くするのと同時に頚椎の状態もチェックし、必要であれば矯正治療を提案しております。

頭痛

頭痛には「片頭痛」と「筋緊張性頭痛」とがありますが、ここでは「筋緊張性頭痛」についてのご案内をします。
「緊張型頭痛」は、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉の筋緊張や血行不良で起きますが、精神的・身体的ストレスが原因になることもあります。
おぐら整骨院では首や肩の施術の他に、眼精疲労改善と頭周りの筋肉と血行の状態を良くする頭痛眼精治療を行い、同時に頚椎の状態もチェックし、必要であれば矯正治療も提案しております。

首の歪み

一言で歪みと言っても横に曲がったりストレートネックだったり実際は色々です。
自分では真っすぐ向いているつもりでも、斜めになっている事例も多々あります。首の痛みやつらさ、頭痛の原因になる場合もあります。
おぐら整骨院では筋肉の状態を良くするのと同時に頚椎の状態もチェックし、必要であれば矯正治療も提案しております。

頚椎椎間板ヘルニア

首の骨と骨との間にある椎間板というゼリー状のようなクッションがはみ出てしまい、すぐ横にある神経を圧迫することで症状がでます。
主な症状は首、肩、腕の痛みやしびれ、首が痛くて動かせない、などです。ストレートネックで日頃から寝違えを頻発している方、慢性的に首が痛む様な方は要注意です。
私自身も椎間狭小(椎間板が潰れてきて、骨と骨の間が狭い状態)からヘルニアの症状を経験しております。
きちんと治療をすれば症状は改善してきます。まずは痛みを減らすところからはじめます。
状態によって頚椎の矯正を行う場合もありますが、当然ながら頚椎に負担をかけない矯正を行っております。お悩みの方はご相談ください。

むちうち(交通事故などによる)

交通事故の治療として行う事もありますし、以前交通事故に遭われて症状が依然残ってしまっている方もいらっしゃいます。
程度や状態は様々ですので一概にはいえませんが定期的に施術を行えばほぼ症状がでない事例も多々あります。
基本的には状態を診させて頂いた上で手技療法と頚椎矯正を行う場合が多いです。

鎖骨の矯正

鎖骨の位置バランスの狂いがある場合に行います。
比較的美容的要素が強いですが、首の状態がよくない時に行う事もあります。

受付時間

2021年8月 >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


 休診日
 9:30-15:00(昼なし)
 9:30-12:30
 ヒロ先生は13時まで
 12時まで受付

ブログ「ときど記!」

  1. 骨盤スリム矯正カード
  2. instagramおぐら整骨院公式アカウント開設しました!
PAGE TOP